標準偏差計算

標準偏差(SD)は、統計値や確率変数の散らばり具合を表す数値です。SDとも呼ばれており、標準偏差のシンボルはσ(シグマ)です。また、データによる変化性、揮発性の数値とも言われています。
オンラインでこの算数標準偏差計算を使って、与えられた数の値、分散、標準偏差を見つけて下さい。

標準偏差 - 電卓

平均、分散、標準偏差を計算するために、 :

総数
平均(平均)
標準偏差
分散(標準偏差)
母標準偏差
分散(母標準偏差)

式 :

平均 : X値の合計=平均/ N(値の数) 分散: 分散=秒2 標準偏差: 標準偏差 式
人口 標準偏差 : 母集団の標準偏差の式

例:

番号5,10,15,20,25の集合Xを考えてみましょう

ステップ 1 :

X値の合計=平均/ N(値の数)
= (5+10+15+20+25) / 5
= 75 / 5
= 15

ステップ 2 :

分散を見つけるには、
それぞれの平均から値を引き、
5-15 = -10
10-15 = -5
15-15 = 0
20-15 = 5
25-15 = 10

引き算から出た答えを全て二乗してください。
(-10)2 = 100
(-5)2 = 25
(0)2 = 0
(5)2 = 25
(10)2 = 100

、すべての二乗の番号を追加します
100 + 25 + 0 + 25 + 100 = 250

二乗の合計から(n-1)で割ります
250 / (5-1) = 250 / 4 = 62.5

Hence Variance = 62.5

ステップ 3 :

標準偏差を見つけるには、, 分散の平方根を見つけます、
√62.5 = 7.905
したがって、標準偏差であります7.905

最小値と最大値、標準偏差を見つけるには、
最小SD=平均 - SD
= 15 - 7.905
= 7.094

最大SD=平均値+ SD
=15 + 7.905
= 22.906

ステップ 4 :

母標準偏差を見つけるには、
nだけステップ2で見つかった二乗和を分割
250 / 5 = 50
50の平方根を見つけ、√50 = 7.07

このツールは、統計問題をダイナミックに計算するのに役立ちます。 平均、分散の算出、標準偏差が容易になります。

ja ホーム