サンプル相違計算機

サンプル相違は一つのサンプルでサンプルデータを見られるバリエーションの基準です。条件を計算する際に、平均より2乗違いで平均的なものとして説明されることがあります。定義の通り、3つのステップで計算されます。

ステップ 1: サンプルデータの平均を計算。
ステップ 2: それぞれのサンプルデータにおいて元の値から平均を引き、結果を2乗する。
ステップ 3: ステップ2からの結果を全て足し、N-1で割る。

サンプル相違計算機

結果:

式:

サンプル分散式 どこ, σ = 標本分散 X = 入力値 μ = 平均 N = スコアの数

標本分散

xの値を4、8、2、9としましょう。
サンプル変形σ2をとるために平均値を見つけて下さい

μ = (4 + 8 + 2 + 9) / 4
μ = 5.75

サンプルデータでの平均値と値を2乗した(x - μ)2差の合計を見つけて下さい

4 = 3.0625
8 = 5.0625
2 = 14.0625
9 = 10.5625
∑(x - μ)2 = 3.0625 + 5.0625 + 14.0625 + 10.5625
∑(x - μ)2 = 32.75

その後、1引いた(N-1)合計値で割って下さい。
σ2 = 32.75 / (4 - 1)
σ2 = 10.9167

ja ホーム