ワイブル分布計算機

形状パラメータと尺度パラメータにより定義された連続的な確率分布はワイブル分布と呼ばれています。この計算機は、ワイブル確率密度関数および累積分布を見つけるために利用されます。

ワイブル確率密度関数の計算

x>=0
a>0
b>0

形状パラメータと尺度パラメータにより定義された連続的な確率分布はワイブル分布と呼ばれています。この計算機は、ワイブル確率密度関数および累積分布を見つけるために利用されます。

式:

ワイブル分布

例:

百分位数値が2、形状母数aが3で、尺度母数bが4なら

ソリューション :

ワイブル確率密度関数は0.165です
下側累積確立 = 0.117
上側累積確立 = 0.882

ja ホーム