ツーポイントスロープフォーム計算機

スロープは線の険しさを表しています。斜面付き直線をmとし、妨害をcとするとy=mx+cとなります。また座標の一つが分かるとy – y1 = m(x – x1)と表すことも出来ます。これらの形はポイントスロープフォームとして知られています。2ポイント(x1 , y1) と (x2 , y2)があると、直線はスロープなしで計算できます。この計算機を使って座標が示す2つのポイント(y – y1) / (y2 – y1 ) = (x – x1) / (x2 – x1)でスロープと直線を見つけることが出来ます。

2点スロープフォームで直線と傾きの方程式を探します

式:

スロープ : m = (Y1 - Y2) / (X1 - X2) 直線方程式 : (Y - Y1) / (Y2 - Y1) = (X - X1) / (X2 - X1) どこ, m = スロープ X1 , X2 = X軸点 Y1, Y2 = Y軸のポイント

座標を(1、2)とした(x1 , y1) 、(3、4)とした (x2 , y2) とします。

ステップ 1:

斜面の方式に値を入れて下さい。

(y1 - y2) / (x1 - x2) = ( 2-4 / 1-3). 値を(ー2)/(ー2)と簡潔にすると、斜面は1となります。

ステップ 2:

直線の方程式を見つけるには、座標を方式に入れて下さい。
(y – y1) / (y2 – y1 )= (x – x1) / (x2 – x1).
Equation = (y - 2) / (4 - 2) = (x - 1) / (3 - 1). 方程式を簡潔にします ( y - 2) / 2 = (x - 1) / 2.

ステップ 3:

値をクロス掛け算します、, 2 (y - 2) = 2 (x - 1)

ステップ 4:

簡素化, 2y - 4 = 2x - 2

ステップ 5:

知らない値を左に、整数を右にもってきてください。-2x + 2y = 2となり、直線の方程式となります。

ja ホーム