フィボナッチ計算

数列の前二つの数値を加算することで形成された一連の数字第一、第二数を除く)はフィボナッチ数列と呼ばれています。この数字は通常0または1から始まり、続く数列は0,1,1,2,3,5,8,13......のようになります。フィボナッチ数列を生成する必要のあるn番目の項を入力すれば、計算機が最大n番目の項までのフィボナッチ数列を表示します。

フィボナッチ数列計算機

式:

F(0)=0; F(1)=1; F(n) = F(n-1) + F(n-2), n>1

フィボナッチ数列は、1202年にこの数列が紹介された算盤の書の著者であるイタリアの数学者フィボナッチの名にちなんで名付けられました。しかし、この数列はずっと昔にインド数学で述べられていました。

例:

10がn番目の項なら、フィボナッチ数列は

1 - 0,
2 - 1,
3 - 0+1 = 1,
4 - 1+1 = 2,
5 - 2+1 =3,
6 - 3+2 = 5,
7 - 5+3 = 8,
8 - 8 + 5 = 13,
9 - 13 + 8 = 21,
10 - 21+13 = 34
したがって、フィボナッチ数は 0,1,1,2,3,5,8,13,21,34

ja ホーム